CONTACT US

SEO内部対策10 見出しの最適化

<h1>~<h6>の「h」はheadingを意味し、<h1>~<h6>タグは文章段落の見出しを記述します。<h1>は大見出し、<h2>は中見出し、<h3>以降は小見出しとなり、<h1>はページの大見出しとなるため1ページ1回のみの記述となります。<h2>以降は使用回数に制限はありませんが、文章段落の見出しとして適度に使用し、ユーザビリティに配慮する必要があります。

見出しの最適化

<h1>~<h6>は見出しを記述するタグで文章の段落を表します。1ページ1タイトルの基本概念に基づき、タイトル・見出し等、関連性のある情報で構成されなければなりません。

また、<h1>~<h6>の順に大見出し・中見出し・小見出しとなることから、数値の低いhタグが上位に来るのが自然な記述と言えるでしょう。

見出しの出現順序

見出しは、順番に階層構造を持つように記述するのが好ましいとされています。しかし、W3Cの勧告やGoogleの評価基準には、これに関する明確な記載はありません。文章構造やマークアップの観点から、通念的に好ましい順序で記述することが一般的なSEO対策と考えられています。

<h1>のSEO効果

<h1>はタイトル(title)と同義のページテーマを記述し、ページタイトルと大見出しを一致させる(タイトルと同じ記述を行う)ことで、SEO効果を高めることができるとされています。

<h1>~<h6>を関連性の高い文章構成でまとめる

1ページ内でテーマを完結

<h1>から<h6>タグは、同一タイトル内の文章段落を表すことから、「全ての情報に関連性がなくてはならない」のは言うまでもありません。 タイトルからはじまり、大見出し、中見出しと内容を掘り下げ、1ページ内でタイトルに上げたテーマを完結させるのが最もSEOに効果的な文章構成です。

SEOに効果的な文章構成

例えば現在ご覧頂いている「見出しの最適化 | ホームページ制作PRO」ページは、タイトル以下全てのページが●●●●ホームページ制作PROに関連性の高い見出しで構成されています。よって検索エンジンは、●●●●ホームページ制作PROについて情報量豊富なページだと評価します。 これにより、検索エンジンでキーワードマッチした際、タイトル以下の情報整理がされていないページと比べ、検索優位に働き、上位表示の可能性が高まります。 ※検索順位はGoogleのアルゴリズムにより評価され、複数の要因から決定されることから、タイトル及びhタグの関連性のみで決定するものではありません。

青山、立川、中央区銀座、横浜、埼玉、千葉からのお問い合わせはこちら お問い合せフォーム

TOP