CONTACT US

SEO内部対策4 内部リンク施策

同一ドメインを有するサイト内の関連ページ同士を内部リンクで結び、ユーザーが知りたいであろう情報へと誘導する内部リンクを充実させることで、サイト内で迷うことがなくなり、ユーザビリティの向上からページビューを高めることができます。また、関連性のあるページ同士のリンクを充実させることは検索エンジンからの評価につながり、さらにSEO優位にも働きます。

内部リンクとは

内部リンクとは、同一ドメイン下にあるサイトのページ同士のリンクを指しています。内部リンクの対極に外部リンクがあり、外部リンクは、別ドメインとのリンクを指しています。

全てのページが検索対象に

Googleをはじめとする検索サイトでは、トップページだけでなく、全てのページを検索の対象としていることから、第2階層以下のページがキーワードマッチにより上位表示される事も珍しくありません。トップページから下層ページに向けた一方通行の内部リンクだけではユーザーのニーズを満たすことができず、サイトからの離脱を招く恐れがあることから、全てのページに対し関連ページへの内部リンクを充実させ、どのページからでもコンバージョンを得られるよう施策を行う必要があるのは言うまでもありません。

内部リンクの最適化はSEO優位に

検索エンジンのクローラー(巡回ロボット)は、Web上に存在するあらゆるWebページのリンクを辿りサイトを巡回することで各ページの情報をインデックスしていきます。ページ内リンクが充実することで、クローラーによるサイト巡回がスムーズとなり、多くのインデックスを促すことが可能となります。また、関連性の高いページ同士の内部リンクはリンクポピュラティの観点からも高い評価を受けることができ、SEO優位に働きます。

リンクポピュラティとは、内部リンク・外部リンクの区別なく「多くのページからリンクされているページは来訪者にとって有益な情報をもたらしている」とされる評価方法の一つです。基本的に外部リンクは意図的な操作が容易ではない事から、まずは内部リンクを最適化しリンクポピュラティを得ることが検索エンジン上位表示を実現させる第一歩です。

パンくずリスト

パンくずリストとは、トップページからどのようなリンクを辿ってきたかを示すガイドで、同時に現在の階層がどこであるかを示す役割を持っています。
例えば、現在のページをパンくずリストで表すと左図のように表示されます。

ご覧いただくと分かりますが、現在ご覧いただいている「内部リンクの最適化」ページはトープページからのリンクを辿ってきたことが分かります。“>”を挟むことで一階層下に下がりますので、現在ご覧頂いているページは第3階層だと言うことが分かります。

パンくずリストの設置は、ユーザビリティを高め、サイト内の対策キーワードを自然に増やすことの出来る効果的なSEO対策の一つです。

パンくずリスト設置のメリット

パンくずリスト最大のメリットは、ウェブサイトの訪問者が上の階層に移動したい場合に、少ないアクションでスムーズな移動が可能なことです。また、パンくずリストはSEO効果のみならず、ウェブサイトのセクションやページのファインダビリティ(見つけやすさ)を改善するものとなります。ユーザビリティ向上の大きな役割を担いますので、自然と目につき、閲覧の妨げにならない場所に設置するのが効果的だと言えるでしょう。

青山、立川、中央区銀座、横浜、埼玉、千葉からのお問い合わせはこちら お問い合せフォーム

TOP