CONTACT US

SEO内部対策5 キーワード含有率

キーワード含有率とは、ページ内の全文章に対する各単語の出現頻度のことを指しています。検索エンジンは文章を読み取って「何について書かれているページなのか」を判断しており、その判断材料の1つがキーワード含有率になります。キーワード含有率を意識して文章を構成することは、今日のSEO対策において重要な項目と言われています。

キーワード含有率の最適化

テキスト量が多いページであれば含有率は下がり、テキスト量の少ないページであれば含有率が高くなる傾向にあります。このことからキーワード含有率の最適化は、単に含有率によるSEO効果ということではなく、ページ全体のテキスト量を増やし「キーワード含有率の最適化」+「キーワード量の最適化」=「効果的なSEO対策」であることが分かります。

キーワード含有率最適値は様々な意見がありますが、トップページであれば4~5%程度、下層ページであれば2~3%程度の出現頻度が自然であると考えられます。

キーワード分布の最適化

ページ内のテキスト量を増やし、「キーワード含有率の最適化」及び「キーワード量の最適化」を行うだけでは最適化されたページとは言い切れません。例えば、同じキーワードの連呼により一カ所にキーワードが集中し、ページ全体に分布していない場合、明らかにキーワードの偏りがある不自然ページであることが考えられます。

キーワード含有率の最適化を行う際は、「1ページ1タイトル」の対策キーワードで構成されたページに対し、オリジナリティの高い「ユニークなテキスト情報」を出来る限り多く盛り込み、かつ「ページタイトルとキーワードマッチ」した対策キーワードをページ全体にバランス良く分布させ、「ユーザーにとって有益な情報」を公開する必要があるのは言うまでもありません。

キーワード近接度の最適化

「キーワード近接度」とは、キーワード同士がどれだけ近くにあるかという指標です。例えば「ビール 販売」というキーワードでSEO対策を行う際に、2通りのキャッチフレーズで検討しているとします。

A :「世界中のビールをオンライン販売しています」

B :「ビール販売専門、世界中のビールをオンライン販売」

この場合、後者の方が「ビール」「販売」のキーワードが近接しているため、AND検索した場合上位表示されやすい傾向にあります。対策キーワードの最適化は、「キーワード含有率」「キーワード量」「キーワード近接度」が成されると、さらに高いSEO効果が期待できます。

キーワード含有率チェックサービス

キーワード含有率を無料で調べることができるSEOツールをご紹介します。

HTMLタグをいくらチューニングしても、キーワードをいくら詰め込んでも、情報の価値が向上するわけではありません。価値のともなわない小手先の検索エンジン対策に走るのではなく、中長期的な視野で価値の高い情報発信を行っていきましょう。これこそが自分にしかできない究極の最適化に他ならないのです。

  • キーワード出現頻度チェック。指定したページに含まれる単語の数とその比率を表示します。

  • テキストマッチやキーワード出現頻度(キーワード出現率)を計測することができます。

青山、立川、中央区銀座、横浜、埼玉、千葉からのお問い合わせはこちら お問い合せフォーム

TOP