CONTACT US

SEO内部対策3 メタ・ディスクリプション

メタ・ディスクリプション(meta discription)は、検索結果のページタイトル下に表示される、ページの概要を表すスニペット(情報文)です。タイトルを決めているのはタイトル(title)タグ内の情報であるのと同様、ディスクリプションを決めているのはメタ・ディスクリプション(meta discription)タグ内の情報です。

メタ・ディスクリプションはページ概要を表す有意義な情報であり、
クリック率に多大な影響を及ぼします。

クリック率に大きな影響を及ぼすメタ・ディスクリプション

メタ・ディスクリプション(meta discription)は、検索結果のページタイトル下に表示される、ページの概要を表すスニペット(情報文)だけに、ページ内の情報を魅力的に伝えられるか否かによりユーザーのクリック率に大きな影響を及ぼすと言えます。

ユーザーはキーワードマッチした有益な情報を得ることを検索の目的としていることから、ページ内の情報を的確に表すだけでなく、文章内にページタイトルやキーワードを盛り込み、“閲覧する価値”を訴求しなければならないのは言うまでもありません。

メタ情報(meta description、meta keyword)は、以前と比べ検索順位に影響を及ぼさなくなりましたが、ページビューの向上=SEOとした場合、高いSEO効果があると言えるでしょう。

メタ・ディスクリプション(meta discription)の設定方法

メタ・ディスクリプション(meta discription)は、HTMLでは<meta name="description" content="〜" /> タグ内で設定します。

検索結果に表示されるメタ・ディスクリプション

Googleの検索結果一覧では、最大115文字程度まで検索結果に表示されるようですが、その文字数は後方に表示される単語によって誤差が生じるようですので、100文字以内を目安に設定することをお奨めしています。

クリック率を高める効果的なメタ・ディスクリプション設定例

現在ご覧頂いている「メタ・ディスクリプション | ホームページ制作PRO.」のメタ・ディスクリプション設定を例にあげてみます。

ページタイトル「メタ・ディスクリプション | ホームページ制作PRO.」

  • メタ・ディスクリプション最適化によるSEO、効果的なディスクリプションの設定方法、メタ情報の設定方法等、ディスクリプションでのSEO効果をご覧頂けます。

    ページ内の情報を的確に、かつ漏れなく説明し、ディスクリプションに特化したページであることがアピールできている。

  • メタ・ディスクリプション(meta discription)は、検索結果のページタイトル下に表示される、ページの概要を表すスニペット(情報文)だけに、ページ内の情報を魅力的に伝えられるか否かによりユーザーのクリック率に大きな影響を及ぼします。

    ページ内からの引用テキストで、メタ・ディスクリプションについての説明はあるが、部分的な説明文でしかなく、ページ情報の魅力が伝わらない。

メタ・ディスクリプションへのキーワード挿入によるSEO

メタ・ディスクリプションは、キーワード挿入によるSEO効果は見込めません。但し、検索結果のタイトル下に表示されるだけに、クリック率には大きな影響を及ぼします。また、検索ワードに対しキーワードマッチした「タイトル(title)」・「ディスクリプション(meta discription)」は太字で表示される為、ユーザーは検索ワードに対しキーワードマッチを確認しやすくなっています。

このことからも、直接的なSEO効果を狙うと言うよりも、ページ情報のスニペット(説明文)として、適切かつ魅力的な文章構成を行う事でクリック率を高め、ページビューの向上によるSEO効果を生み出すためのキーワード挿入を行う事が不可欠であると言えるでしょう。

青山、立川、中央区銀座、横浜、埼玉、千葉からのお問い合わせはこちら お問い合せフォーム

TOP