CONTACT US

SEO内部対策2 ページタイトルの最適化

ページタイトル(title)とは、その名の通り「ページを表す大見出し」です。トップページ、下層ページの全てにページタイトルは存在し、トップページではサイト全体のタイトル、下層ページではページ固有のタイトルを設定する必要があります。ページタイトルはSEOに最も重要な要素であり、ページタイトルがキーワードマッチすることで、はじめて上位表示を可能にすると言っても過言ではありません。

ページやタイトルは1ページ1タイトルを厳守し、各ページをユニーク(唯一)なタイトルを設定することでSEOに高い効果を発揮します。

ユニーク(唯一)なページタイトル設定が必要な理由

検索エンジンはページタイトルで「どのような内容の記述されたページなのか」を判断しインデックスを行っています。例えば、今ご覧頂いているページのタイトルは「ページタイトルの最適化」ですが、検索エンジンに“ページタイトル最適化”のキーワードでインデックスされています。そうしてインデックスされた複数のサイトのうち、ユーザーの検索ワードにマッチし、かつ情報量豊富で、総合的にページ評価の高いサイトが検索エンジンで上位表示される仕組みになっており、同義のページタイトルを有するサイトは全てが検索順位上の競合としてインデックスされる仕組みになっています。

トップページ・下層ページの全てのページタイトルを同じキーワードで設定した場合、1つのドメイン下に構えるページ同士が競合サイトとなってしまい、結果、本来あるべきページタイトル毎の評価を得ることができず、上位表示の機会損失を招いてしまいます。

ページタイトルの設定方法

ページタイトルはHTMLでは<title></title>タグ内で設定します。

検索結果に表示されるページタイトル

Googleの検索結果一覧では、最大32文字までタイトル表示されるようですが、その文字数はタイトルの後方に表示される単語によって誤差が生じるようですので、30文字以内を目安に設定することをお奨めしています。

SEO効果の高いページタイトル設定例

現在ご覧頂いているホームページ制作PROのページタイトル設定を例にあげてみます。

  • ページタイトルの最適化 | ホームページ制作PRO.

    「ページタイトル」「最適化」の2ワードに盛り込み、関連ワードを盛り込めている。

  • ページタイトルの最適化とSEO・SEM対策 | ホームページ制作PRO.

    本ページのキーワードと無関係の「SEM」というキーワードが入ることで、対策ワードの含有率(重要性)が下がり評価が分散してしまう。また、SEMに関する情報が無いため評価を受けることができない。

  • ホームページ制作PRO.

    サイト名のみのタイトル設定。これは良くみられるパターンですが、全ページが同じキーワードで設定され、法人名や屋号でしかSEO効果を得ることができない

青山、立川、中央区銀座、横浜、埼玉、千葉からのお問い合わせはこちら お問い合せフォーム

TOP