CONTACT US

目的別制作プラン ランディングページ制作

検索ニーズに最適化されたLPO対策がコンバージョン率を高めます

検索結果に表示され、ユーザーが初めに到達するページをランディング(着地)ページと言い、ユーザーの検索ニーズにマッチした情報をファーストビューで提供し、興味を誘引する情報設計を行うことで、はじめて目的とするコンバージョンへと誘うことができます。

ランディングページの特長

ランディングページは、コーポレートサイトにある会社概要や事業案内などといった情報設計が不要で、検索ニーズに絞り込んだ情報訴求が可能なことから、コンバージョン導線を設計しやすいことが最大の特長だと言えます。また制作面においても多くのメリットを併せ持ち、費用対効果を高める様々な改善施策も容易です。

MERIT 01 検索ニーズに合わせた広告展開

一般的にランディングページとは、バナー広告やテキスト広告から誘導したユーザーに対して特別に用意した、その広告専用のページです。通常のホームページは、会社情報やナビゲーションなど、ページ内に様々な要素を入れなければなりません。しかし、ランディングページは1つの目的に特化しているので、伝達する情報を絞り込んでユーザーへ発信することが可能です。

MERIT 02 ユーザーを的確にゴールへ導く

通常ホームページにおいて、ページごとのユーザーの平均滞在時間は1分弱とされており、大抵は6〜7秒で離脱していくと言われています。ユーザーは検索結果や広告にあった情報を求めてアクセスしているため、いかにユーザーを迷わせることなく求めるゴールへと誘導するかが、コンバージョン率を高める鍵となります。ランディングページは単ページによる展開が可能なので、シンプルでピンポイントな導線を設定できます。

MERIT 03 自由度の高いデザイン

ランディングページは、ナビゲーションを始めとするサイトの基本設計に捉われることなく、ページ全体をフル活用したデザインが可能であることから、ユーザーの検索ニーズにマッチしたファーストビューや、コンバージョン導線を意識した自由度の高いサイトデザインが可能です。

MERIT 04 効果測定と改善施策

検索ニーズに合せ単ページから制作可能なランディングページは、情報や目的を特化することで他の要素に影響を受けることがないため、より詳細な効果測定を行うことができます。また、効果測定から導き出した仮説に的確な施策を行う事により、より迅速で顕著なレスポンスが期待できます。

ランディングページ最適化(LPO)対策

現在公開中のWebページ・ランティングページを、検索ニーズやユーザーの目的に最適なランディングページへと改善することで、コンバージョンを創出し、広告の投資利益率(投資対効果)を高めます。

ランディングページ制作実績

インターネット広告や検索エンジンからのホームページへのアクセスが、コンバージョンに結びつくランディングページを設計・構築いたします。

嵯峨野株式会社が運営する、中古DVD、ブルーレイ、ゲーム、書籍などの宅配買取サービス『KAUZO』のランディングページ。対応地域や取扱品目によってランディングページを展開し、検索ニーズに特化した集客ツールとして高い投資利益率(費用対効果)を発揮しています。

  • さがの文庫キャンペーン

  • 医学書買取レスキュー

青山、立川、中央区銀座、横浜、埼玉、千葉からのお問い合わせはこちら お問い合せフォーム

TOP